歴史ノ部屋

月額:550円(税込)
  • NewsLetter
  • イベント
  • 動画
  • 音声
  • 記事
  • サブスク

過去のコンテンツも全て閲覧可能な月額サブスクリプションサービスです。
🔰シンクロナスの楽しみ方

 
『戦国の陣形』『謙信越山』で話題を集めた歴史家・乃至政彦の最新記事が読めるコンテンツ。上杉謙信や織田信長ら戦国武将を中心に、最新研究と独自考察で戦国史の謎を解き明かす。また、歴史作家や歴史が好きな有名人との対談や、歴史トピックスへの見解を動画や音声でお届け。歴史ファンならずとも楽しめるコンテンツ満載です。
現在は『ジャンヌ・ダルクまたは聖者』を連載中、『謙信と信長』(全36回)『光秀の武略に学ぶ』(全8回)など長編もお読みいただけます。

無料動画を見る
・【乃至政彦×小和田泰経】徳川家康は「金陀美具足」を着ていない?
・【乃至政彦×河合敦】鎌倉時代の始まりって結局何年?

 

1・Newsletter『ジャンヌ・ダルク聖者の行進』(月2回更新)

毎月2回、乃至さんの書き下ろし連載『ジャンヌ・ダルク聖女の行進』が届きます。

 

2・<完結>『謙信と信長』(全36回)『光秀の武略に学ぶ』(全8回)がご覧いただけます。

『謙信と信長』
越後の上杉謙信が、ついに西へ目を向け始めた。その先で待ち受けるのは織田信長である。武田対策として同盟を結んでいた両雄の関係は、信玄亡き後、急速に冷え切っていた。本連載では、謙信と信長の動向を見ながら、それぞれの特徴を比較して、その最終闘争とされる「手取川合戦」の真相を追っていく。

「序章」はこちら

 

『光秀の武略に学ぶ』
貴族的な印象の惟任光秀こと明智光秀は《足軽》から出世した武将である。近年の研究で光秀の技量と才覚は努力によって培われたことが見えてきた。本連載は物語や伝説の光秀ではなく、史実の光秀を掘り起こし、その成功と失敗の本質を解き明かす。

「序章」はこちら

 

3・歴史対談(不定期)

歴史作家や歴史が好きな有名人との対談。戦国武将の新たな人物像や新説をお届けします。

過去の対談相手(敬称略)
入山章栄伊東潤高澤等河合敦高橋陽介小和田泰経

 

4・「戦国」を読む!

戦国時代の文献や軍記をどのように読み解いているかを説明するコンテンツです。もちろん古史料だけでなく、近年の研究・評論の読み方、楽しみ方を含む歴史好きに貴重な話を「動画」または「音声」でお届けします。

「第1回」はこちら

 

5・書籍『戦う大名行列』(web版)

書籍『戦う大名行列』(著・乃至政彦)を全編ご覧いただけます。

『戦う大名行列』詳細はこちら

web版はこちら

『戦う大名行列』
「川中島の戦い」や「大坂の陣」など戦の謎を行列から紐解き、さらに全国に普及していった武士の行列の変遷を通して、用兵思想の実相を明らかにする。

 

6・その他

『謙信越山』をはじめ、いままでの著書の裏話や最新研究、みなさんからの質問にお答えするトークイベント、LIVE配信などを実施します。

5月のコンテンツ
CONTENT LIST
EVENTS
【無料Live配信】人気シリーズ『謙信と信長』遂に完結…その裏側に迫る

歴史家・乃至政彦氏のコンテンツ「歴史ノ部屋」。4月20日(木)18時から『謙信と信長』完結を記念し、著者の乃至政彦さんがライブ配信を開催。『謙信と信長』を執筆したきっかけや苦労話など、今だから話...

【乃至政彦「歴史ノ部屋」/Live配信】新しい織田信長像

歴史家・乃至政彦氏のコンテンツ「歴史ノ部屋」。4月26日(火)19時から、メルマガにて配信中の『謙信と信長』のこれまでを解説。また、今後、中心となる織田信長について、歴史研究家で『新・信長公記』...

BOOKS
戦国大変 決断を迫られた武将たち
日本ビジネスプレス(SYNCHRONOUS BOOKS)

本当は何があったのか――戦国史の内幕に迫る!

絶賛の声続々!!
「史料を丹念に調べ上げ、斬新な視点を提示した労作!まるで戦国武将の心の声が聞こえてくるようです」(歴史研究家 河合敦)

「貪るように読みました。ここに書かれている戦国は思っていたのと違いすぎる。でも、こっちがリアルだ」(歴史好き芸人 房野史野)

内容紹介

 戦国時代とは、戦国合戦とはいかなるものだったのか。

 史料に重きをおいた客観的視点、当時の人物に想いを馳せる主観的視点を行き来しながら、その実像を追っていく。

 桶狭間合戦、関ヶ原合戦と、いまだ謎多き戦国合戦。

 合戦に至るまでの経緯や兵法、その周縁で起こったこと。

『戦国の陣形』『謙信越山』で話題を集めた著者・乃至政彦が最新研究と独自の考察で解き明かす。

 大河ドラマで再び注目を集める徳川家康や織田信長、上杉謙信、武田信玄など。戦国武将がここぞのときに下した決断とは。

●兵粮は戦地で略奪されていた?
●離宮八幡宮の使者は信長の陰謀
●光秀流、車懸りの陣はなぜ失敗した?
●天下を動かしたのは直江状ではなく景勝状
●三成は笹尾山に布陣していない

 これまでにない視点から戦国史の謎が明らかになる

戦う大名行列
株式会社JBpress

強い武将の秘密は「行列」にあった!

 東アジアを一変させた戦国の軍事革命──それが《大名行列》だった。

 「川中島の戦い」や「大坂の陣」など戦の謎を行列から紐解き、さらに全国に普及していった武士の行列の変遷を通して、用兵思想の実相を明らかにする!

謙信越山
株式会社JBpress

上杉謙信が戦国最強の武将と呼ばれた理由...略奪か義侠か?――気鋭の歴史家が迫る

【重版出来!】謙信はなぜ、エネルギーの多くを越山に費やしたのだろうか。「義侠」という道楽か、それとも「略奪」という実益か。
越山の真相とともに、武田信玄、北条氏康ら同時代を駆け抜けた武将らの活躍も網羅した、関東戦国史の幕が開く。