【謙信と信長 目次】
444年経た今、上杉謙信と織田信長の「手取川合戦」を再検証【無料】
友好な関係だった上杉謙信と織田信長はなぜ、手取川で戦ったのか【無料】​
信玄上洛
(1)武田信玄と徳川家康の確執、それぞれの遺恨
(2)上杉謙信の判断、武田信玄の思考を紐解く
(3)甲陽軍鑑に見る、武田信玄の野望と遺言
上杉謙信の前歴
(4)謙信の父・長尾為景の台頭
(5)長尾家の家督は、晴景から景虎へ
(6)上杉謙信と川中島合戦、宗心の憂慮
(7)武田家との和解、二度目の上洛
(8)相越大戦の勃発、長尾景虎が上杉政虎になるまで
(9)根本史料から解く、川中島合戦と上杉政虎
(10)上洛作戦の破綻と将軍の死
(11)足利義昭の登場と臼井城敗戦
(12)上杉景虎の登場
(13)越相同盟の破綻    
織田信長の前歴
(14)弾正忠信秀の台頭・前編 
(15)弾正忠信秀の台頭・後編 
(16)守護代又代・織田信長の尾張統一戦 
(17)桶狭間合戦前夜 
(18)桶狭間合戦
(19)美濃平定前の第一次上洛作戦
(20)第一次上洛作戦の失敗
(21)上洛作戦の成功 
(22)信長が「殿中御掟」で守ろうとしたもの
(23)「五箇条の条書」と「金ヶ崎合戦」
(24)信長と義昭の近江挟撃作戦
(25)信長の比叡山焼き討ち 
(26)幕府崩壊と信長の困惑 
手取川合戦
(27)戦国上杉家の家中改革と西上指向 
(28)上杉謙信の越中平定
(29)信長を裏切った男
(30)長篠合戦とその勝因 
(31)手取川直前の北陸情勢 ☜最新回
 ・第一次能登七尾城攻め
 ・織田信長の「安土幕府」構想
 ・越前一向一揆敗勢の影響
 ・越後の真宗寺院
 ・本願寺と加賀一向宗の様子
七尾城 本丸 写真/フォトライブラリー

第一次能登七尾城攻め

 天正三年(一五七五)末、能登七尾(ななお)城の畠山重臣である温井景隆(ぬくいかげたか)や遊佐盛光(ゆさもりみつ)らが謙信に「御出馬」を求めた(上越市史一二七八、一二七九、一二八一)。信長と断交し、武田勝頼との停戦を固めている謙信の新たな主戦場はすでに北陸である。

 能登衆の出馬要請は、城内の織田派を排除するためとも言われることがあるが、まだこの時、能登の最重要課題は、信長よりも一向一揆勢である。

 例えば天正四年(一五七六)二月二〇日付の畠山重臣の連署状では、謙信出馬を喜び「【訓読】御本意眼前」「拙者式別して御先手仕り、御馳走申上るべく」と述べている(上越市史一二八一)。

 自分たちの本国に謙信を招き入れて能登の敵対勢力を排除したいのであれば、「御先手」を志願するという表現は使わない。それに九月一五日付謙信書状によると、第二次能登七尾城攻めの直前、能登七尾城は加賀の一向一揆勢を駆逐すべく「数千人を」の大軍を発行させている。能登七尾城の重臣たちは何よりも一向一揆勢を最大の敵と見ていたのだ。もっともこの隙をついて謙信が二度も本格侵攻するとは予想していなかったらしい。

 天正四年(一五七六)九月、越中を平定した謙信は同年一二月に能登へ進軍して石動山(いするぎやま)城に本陣を置き、七尾城を攻め始めた。

 どうしてこんなことになったのだろうか。

 今回は手取川合戦を目前に控える諸勢力と、謙信および信長の様子を見ていこう。

織田信長の「安土幕府」構想

 天正三年(一五七五)一一月、織田信長は義昭の官途を越える従三位権大納言と武家の棟梁の任官職である右近衛大将に昇進した。

 かつて信長が比叡山焼き討ちを敢行したことで、これを憂慮する正親町天皇と天皇の兄弟である覚恕は、武田家の反織田行動への支援を行なった。結果、信玄が病死して、後継の勝頼も長篠合戦に大敗したことで、もはや信長の天下以外は考えにくい状況となった。...