【謙信と信長 目次】
444年経た今、上杉謙信と織田信長の「手取川合戦」を再検証【無料】
友好な関係だった上杉謙信と織田信長はなぜ、手取川で戦ったのか【無料】​
信玄上洛
(1)武田信玄と徳川家康の確執、それぞれの遺恨
(2)上杉謙信の判断、武田信玄の思考を紐解く
(3)甲陽軍鑑に見る、武田信玄の野望と遺言
上杉謙信の前歴
(4)謙信の父・長尾為景の台頭
(5)長尾家の家督は、晴景から景虎へ
(6)上杉謙信と川中島合戦、宗心の憂慮
(7)武田家との和解、二度目の上洛
(8)相越大戦の勃発、長尾景虎が上杉政虎になるまで
(9)根本史料から解く、川中島合戦と上杉政虎
(10)上洛作戦の破綻と将軍の死
(11)足利義昭の登場と臼井城敗戦
(12)上杉景虎の登場
(13)越相同盟の破綻    
織田信長の前歴
(14)弾正忠信秀の台頭・前編 
(15)弾正忠信秀の台頭・後編 
(16)守護代又代・織田信長の尾張統一戦 
(17)桶狭間合戦前夜 
(18)桶狭間合戦
(19)美濃平定前の第一次上洛作戦
(20)第一次上洛作戦の失敗
(21)上洛作戦の成功 
(22)信長が「殿中御掟」で守ろうとしたもの
(23)「五箇条の条書」と「金ヶ崎合戦」
(24)信長と義昭の近江挟撃作戦
(25)信長の比叡山焼き討ち 
(26)幕府崩壊と信長の困惑 
手取川合戦
(27)戦国上杉家の家中改革と西上指向 ☜最新回
 ・上杉謙信の体制変換
 ・同床異夢の越相同盟破綻
 ・上杉弾正少弼景勝の誕生
 ・北陸と越後軍の因縁
 ・上杉謙信と加賀一向一揆の戦争が本格化
上杉景勝

上杉謙信の体制変換

 越後の上杉謙信は、後継体制と軍制の改革に乗り出していた。

 まずは後継体制である。

 元亀元年(1570)12月、同年中に養子として北条氏康の末子である上杉三郎景虎を迎えた謙信(当時は輝虎)は、有髪のまま入道となり、「不識庵謙信」の法号を名乗ることにした。東国武将が入道して法体となるのは、基本的に隠退の意思表示である。ゆえにこれは上杉家の家督を景虎に譲るポーズとして認められよう。

 ただし話は少し複雑である。謙信は先立って姉の子である長尾顕景を養子に迎えていたのだ。

 これは謙信がまだ長尾景虎を名乗っていた頃で、自身が上杉一族となる未来を予想していなかった時期である。しかも顕景は越後長尾一族の通字「景」を実名の下に置いているので、謙信の後継者として迎えられたと考えるのが普通であろう。

 ところがここに長尾の主筋である上杉一族として景虎が入った。これは何を意味するのだろうか。この疑問は謙信が上杉家の家督をあまり重視していなかったと見れば解決するだろう。謙信は、上杉憲政から関東管領山内上杉一族の「名跡」を一代限りのものとして消極的に受容していた。名誉職のひとつぐらいに受け止めていたのである。

 ゆえに次代には、顕景が長尾家惣領として越後一国を統治するだけの体制に帰するつもりでいた。ところが、越相同盟を結ぶにあたり、自身をこの立場に押し上げた関東諸士への義理を通すため、それまで謙信の上杉家継承を認めず「長尾」と呼び続けていた北条氏康・氏政らにこの継承を既成事実と認めさせるため、同盟の人質として送られた北条三郎を上杉景虎と名乗らせることにしたのである。

 ここに謙信は越後守護代・長尾家の惣領としての実権を顕景に譲り、上杉家の名誉的称号は景虎に譲るつもりであったと考えられよう。つまり、関東管領の職権と責任を放棄して、関東のことは関東に委ねることを望んだのである。

同床異夢の越相同盟破綻

 謙信は越相同盟の中心に景虎を置き、これを両家の象徴的主人として奉戴する東国秩序の構築を企図していたのだろう(もちろんその上に古河公方足利義氏がいる)。しかしその理想は果たされなかった。

 元亀2年(1571)、北条氏康が病死して、同年末に氏政の代になると同時に、同盟は破棄されてしまったからである。...