写真:Daisuke Akita

w/中野吉之伴「ドイツの育成の長所と短所」

 1月18日(水)18時より「dialoguew/海外指導者組」Live配信を行ないます。第4回となる今回はドイツ在住23年目となる中野吉之伴さん。

 日本代表・堂安律が所属、今季ブンデス2位につけるなど躍進を続けるSCフライブルクのユースカテゴリで研修を積み、その後もフライブルクにある地域クラブ(FCフライブルガー、SVホッホドルフ・現職)で指導を続けています。

 欧州のなかでも「育成型クラブ」として評価の高いSCフライブルク、そのお膝元はどんな「指導」「環境」があるのか。岡崎慎司さんが迫ります。

 質問は随時チャット欄より受け付けております。時間になりましたら、本文章の下部に設置する「Live配信」ボタンからご参加ください。
Dialogue w/ 会員の方のみご覧いただけます。

<プロフィール>
中野 吉之伴(なかの・きちのすけ)
サッカー育成指導者・サッカーライター。2001年4月に育成指導者のエキスパートを目指して渡独。地元に密着したドイツサッカーの現場で様々なカテゴリー・年代の監督を歴任。09年にA級ライセンスを獲得。ブンデスリーガクラブのSCフライブルクで研修。ライターとして現場経験を生かした論理的分析をベースに、ドイツサッカーを中心に育成からグラスルーツ、プロまで様々な記事を手掛ける。WEBマガジン「フッスバルラボ」、オンラインサロン「きちゼミ」をスタート。著書「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」は2018年サッカー本大賞優秀作品賞を受賞。本コンテンツ『岡崎慎司 Dialogue w/』#2でLive配信に登場。(その際のアーカイブはこちら

 
【テーマ】
「w/欧州指導者組」〜海外に渡って何を学び、何を伝えているのか?
【内容】全5回のLive&アーカイブ配信
PART1. 指導ビジョン(20分程度)
PART2. 具体的なトレーニング理論(20分程度)
PART3. 岡崎慎司からのQ&指導者のA(20分程度)
※Live配信では参加された皆さんもご質問いただけます。

本LIVE配信は終了致しました。後ほどアーカイブを配信致します。

<内容>
「w/欧州指導者組」
〜海外に渡って何を学び、何を伝えているのか?
対談Live配信 #4

・Dialogue w/ 中野吉之伴さん
・日時:1月18日(水)21時~→18時〜
※開始時間が変更となりました。直前でのご案内となりましてご迷惑をおかけします。よろしくお願いいたします。

・参加方法:時間になりましたら「Live配信」ボタンよりお入りください。

Dialogue w/ 会員の方はそのままご覧いただけます。
※アーカイブはLive終了後、編集し後日配信いたします。

試合や練習の状況によって開始時間が延期または、中止になる場合がございます。ご了承ください。
※【このイベントはzoomによるオンラインイベントになります】
・zoom操作につきましては、デバイスによっても表示が異なるため、ご自身の端末の操作および接続方法については、事前にご自身でご確認頂けますようお願いします。
・いただいたコメントはお答えできない場合がございます。ご了承ください。...