『Dialogue w/ 岡崎慎司』 岡崎慎司

スペシャリストと「新たな価値」を創り、作る場所

 1986年4月16日生まれ。兵庫県出身。スペイン2部FC Cartagena(カルタヘナ)所属。プレミアリーグ通算114試合・14得点。ブンデスリーガ通算128試合・37得点。J1通算121試合・42得点。日本代表でも通算119試合・50得点を記録。

 日本、ドイツ、イギリス、スペインと4カ国でプレーし、日本代表としても3大会連続のW杯に出場した岡崎慎司が、「日本に還元したい」と感じたことについて「対談(dialogue)」を通して、深く学び、実行に移していく。

岡崎慎司からのメッセージ(coming soon!)

Dialogue w/ (ダイアローグウィズ)~世界への挑戦状

Dialogue w/ (ダイアローグウィズ)~世界への挑戦状

月額:880円(税込)
詳細をみる

【内容】
・【Live】岡崎慎司「課題とアクション」のハナシ(月1回)
・【対談(Dialogue)動画】(月1回)
・【NewsLetter】(月に1~2回)
ALL TIME・『未到』(2016年6月刊行に加筆したもの/5月リリース予定)web版がすべてお読みいただけます。

5月のコンテンツ(毎週水曜更新)
4日 NewsLetter
​11日 対談動画
 ☛w/佐伯夕利子(ビジャレアルCF)
 “スペインとJリーグ 〜理想の育成とコミュニティづくり〜(後編)”
18日 Live配信
 ☛対談振り返り
25日 対談動画
 ☛w/大迫 傑(プロマラソン選手)
 “究極のメンタルスポーツの学ぶ(前編)”

(内容は予告なく変更される場合がございます)

(写真:ムツ・カワモリ/アフロ)

このパッケージに含まれる商品
  • NewsLetter
  • 動画
  • サブスク

動画コンテンツ

記事コンテンツ

イベント

【緊急決定!】岡崎慎司×遠藤航の対談Live配信

緊急live配信です。「Dialogue w /~世界への挑戦状」は、「月刊・遠藤航」とコラボ!ということで今回は、ブンデスリーガ残留を決めたシュツットガルト・日本代表の遠藤航選手との対談Liv...

イベント詳細はこちら
【岡崎慎司/対談Live配信 #2】「日本サッカーは欧州の育成現場から何を学ぶべきか?」

岡崎慎司選手「Dialogue w/ ~世界への挑戦状」 第2回のlive配信は4月28日(木)21時より! ゲスト:中野吉之伴さん(ドイツ育成年代指導者/ジャーナリスト)

イベント詳細はこちら
【岡崎慎司/Live配信】「いま、コンテンツを始めようと思った理由」

岡崎慎司選手の新コンテンツ「Dialogue w/ ~世界への挑戦状」が4月からスタート。3月30日(水)21時から、どんなコンテンツをやっていくのか、なぜ始めようと思ったのか、いま岡崎慎司が日...

イベント詳細はこちら

本の紹介

未到
未到奇跡の一年
出版社:株式会社JBpress
本の詳細はこちら

奇跡の1冊、加筆を経て電子&web版で復刊!
「弱小クラブが起こした歴史的奇跡」、その内幕――

2016年サッカー界を揺るがしたニュースは、プレミアリーグのレスター優勝だった。シーズン前の優勝オッズは5001倍。「世紀の番狂わせ」「サッカー史上最大のサプライズ」そして「ミラクルレスター」と呼ばれたチームの真実。

欠かせない存在として奇跡に貢献をした日本を代表するストライカー・岡崎慎司が克明に綴る「内情」と、その中で生まれた「ストライカー岡崎」の葛藤。優勝直後に発売され5万部を超えたベストセラーに、「ミラクルのあとで」を加筆した一冊。

指揮官・ラニエリのチーム掌握術、世界屈指のFWヴァーディ、マフレズのすごさ、ウジョア、インレルらチームを支えたメンバーたち。

そして岡崎慎司がいま、振り返る「あの日々」と「いま」。

この本を購入する ※書店によって在庫のない場合、お取り扱いのない場合があります。あらかじめご了承ください。

プロフィール

岡崎慎司
岡崎慎司FCカルタヘナ
Instagram
twitter

1986年4月16日生まれ。兵庫県出身。スペイン2部FC Cartagena(カルタヘナ)所属。滝川二高を経てJリーグ清水エスパルスに加入。チームの中心選手として活躍し、2011年ブンデスリーガ名門・シュツットガルトへ移籍。2013年からマインツでプレーし二年連続二桁得点の実績を引っさげプレミアリーグ・レスターシティに加入。15-16シーズンには「奇跡」と呼ばれたプレミア制覇に貢献。19-20シーズンからはスペイン・リーガへプレーの場を移し、ウエスカで1部昇格に貢献。21-22シーズンからはカルタヘナでプレー。
著書に『鈍足バンザイ』(幻冬舎)『未到』『悩む男』(小学館)などがある。
プレミアリーグ通算114試合・14得点。ブンデスリーガ通算128試合・37得点。J1通算121試合・42得点。日本代表でも通算119試合・50得点を記録。

写真:Daisuke Akita