写真:Daisuke Akita
<内容>
「Dialogue w/ (ダイアローグウィズ)~世界への挑戦状 #2」Live配信
・Dialogue w/ 中野吉之伴さん
・日時:4月28日(木)21時~(予定)
・参加方法:時間になりましたら最下部のLiveボタンよりお入りください。

Dialogue w/ 会員の方はそのままご覧いただけます。
※Dialogue w/ 会員以外の方でも、単発チケットをご購入でご視聴いただけます。
※アーカイブはLive終了後、1週間後をめどに配信いたします。会員の方、単発ご購入者の方いずれもご覧いただけます。

【THEME】
「サッカー先進国の現場では何を教えているのか?」


👉世代別でどういう指導がなされているか
👉それに対して指導者はどういう条件を求められているか
👉親や、学校(教育)はどうか?
👉その中で「人間力」といった、成長するための選手がもつべき素養をどう考えているか

ドイツ育成年代の指導エキスパート・中野吉之伴さんを迎えて
指導力・人間力を言語化します!



【From 岡崎慎司】

「先日、Jリーグ元チェアマンの村井(満)さんから、こんなことを言われました。『いろんな選手を見てきたけれど、サッカー選手で成功するために必要なのは人間力なんだよね』と。

ふと考えました。人間力とはなんだろうと。

育成年代から人間力を育てるにはどんなことを教えればいいのか。どうやって指導者・人間力を言語化すればいいのだろう。

そこで、ドイツのフライブルガーFCのU16監督などで指導してきた、グラスルーツ指導のエキスパートの中野(吉之伴)さんにお話を聞きたいと思い、今回Live配信のゲストとしてご出演いただくことになりました!

ぜひ皆さんも、指導者・人間力について語り合いましょう!」

中野吉之伴(なかの・きちのすけ)
サッカー育成指導者・サッカーライター。
01年4月に育成指導者のエキスパートを目指して渡独。地元に密着したドイツサッカーの現場で様々なカテゴリー・年代の監督を歴任。09年にA級ライセンスを獲得。ブンデスリーガクラブのSCフライブルクで研修。ライターとして現場経験を生かした論理的分析をベースに、ドイツサッカーを中心に育成からグラスルーツ、プロまで様々な記事を手掛ける。
WEBマガジン「フッスバルラボ」、オンラインサロン「きちゼミ」をスタート。著書「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」は2018年サッカー本大賞優秀作品賞を受賞。

※試合や練習の状況によって開始時間が延期または、中止になる場合がございます。ご了承ください。
※【このイベントはzoomによるオンラインイベントになります】
・zoom操作につきましては、デバイスによっても表示が異なるため、ご自身の端末の操作および接続方法については、事前にご自身でご確認頂けますようお願いします。
・いただいたコメントはお答えできない場合がございます。ご了承ください。...