少子化、投票率、自殺数……若年層はどうなる?

 ジャーナリストの長野智子さんとともに配信してきた「データの裏側」。

 2023年は「物価」「少子化」「世論調査」「〇〇ランキング」「幸福度」について「データを使った嘘」や「データが示す真実」に迫ってきた。

 またデータサイエンティスト、データジャーナリストにフォーカスを当てた回では「戦略度の高いデータの使い方」「データを使いこなすための知識」を紹介。専門家からそのテクニックを伺った。

2023年に配信した「データの裏側」コンテンツ一覧

 2023年最後の配信となる今回は1年の学びを踏まえ、今年発表された「若い世代」に関係するデータから、その背景について分析、識者とともにLiveで議論をしていく。

 題して「データから見る2023年『若者問題に明るい解決策はあるのか?』」

Live日時
12月27日(水)の15時~16時30分頃を予定
(配信後からアーカイブ視聴が可能になります)

今回のテーマ
・長年の課題「若者の政治参加」——若者の投票率は上げられる?
・2023年のホットトピックとなった「少子化・未婚化」——なぜ子どもを産まない?
・増加が顕著「子どもの自殺」——対策は不十分なのか?

 本ページ下部のLive配信画面からご視聴いただけます。

出演者:
●松本健太郎
(データサイエンティスト・マーケター)
大学卒業後にデータサイエンスの重要性を痛感し“学び直し”。マーケティングや政治・経済・文化など様々なデータを分析、予測をしている。著書に『データ分析力を育てる教室』。SNS、ラジオ、webメディアを通じてデータに関する発信を行っている。本番組「データの裏側」第4回  にて、データ分析の方法を解説していただいた。

●能條桃子
(一般社団法人NO YOUTH NO JAPAN代表理事 ・FIFTYS PROJECT代表)
1998年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。慶應義塾大学院経済学研究科修士。家庭や学校で政治の話は当たり前、20代の投票率が80%のデンマークに留学したことをきっかけに、日本のU30世代の政治参加を促進する「NO YOUTH NO JAPAN」を設立。Instagramを利用した情報発信など、選挙の投票率向上に取り組む。

●長野智子
(ジャーナリスト・「データの裏側」編集長)
ニューヨーク大学・大学院において「メディア環境学」を専攻し、人間あるいは歴史に対して及ぼすメディアの影響について研究。「朝まで生テレビ!」「ザ・スクープスペシャル」「報道ステーション」「サンデーステーション」のキャスターなどを経て、現在は自らも国内外の現場へ取材に出る傍ら、国連UNHCR協会報道ディレクターも務める。

アーカイブは現在準備中です。しばらくお待ちください。