元『週刊ゴング編集長』小佐野景浩氏が、かつての取材資料や関係者へのインタビューをもとに、伝説のプロレスラー・ジャンボ鶴田の強さと権力に背を向けた人間像に踏み込んだ588頁にもおよぶ大作『永遠の最強王者 ジャンボ鶴田』。

本連載では、刊行以来大反響を呼んだこの1冊に、新たな取材、証言を盛り込み改めてジャンボ鶴田の人物像に迫る。

今回のテーマはライバル。エリート街道を進んできた鶴田の前に立ちはだかったのは同じエリートではなく、叩き上げの雑草レスラー達だった。

Index
・“和製アメリカン・ドリーム”ロッキー羽田の台頭
・エリートvs雑草の図式は馬場vs猪木から鶴田vs藤波へ

“和製アメリカン・ドリーム”ロッキー羽田の台頭

 プロレス専門誌・月刊ゴングの昭和53年(1978年)本誌6月号に特別読み物として『今年26歳・プロ転向6年・全日本プロレスの星……ジャンボ鶴田が伸び悩んでいる?』という興味深い記事が掲載されている。

 UNヘビー級&インターナショナル・タッグの2冠王者として全日本の準エースの座を揺るぎないものにしていた時期で、この記事でも技術的な面では「立体殺人技の一層の研鑽を目指して実行しており、着実に前進を続けている」と高く評価されているが、指摘されたのは「エースの座への気迫に欠ける」という精神的な部分だ。

 振り返ると、デビュー半年でジャイアント馬場に次ぐ全日本のナンバー2に駆け上がった鶴田には、全日本だけでなく、日本プロレス界全体を見渡しても同じようなキャリア、同年代のライバルは皆無だった。

 1歳年下で同じミュンヘン五輪に出場後に新日本にプロレス入団し、対抗馬と見られた吉田光雄こと長州力は、まだプロレスに馴染めずに中堅どころで試行錯誤していた時期。

 全日本の第三の男として馬場にスカウトされた大相撲の元前頭筆頭・天龍源一郎は前年77年6月に日本デビューを果たしたものの、長州と同じくプロレスにつまずき、2度目のアメリカ武者修行中だった。

 そうした中で鶴田の脅威になったのは、同じエリートの長州や天龍ではなく、一介の新弟子から叩き上げてきた雑草たちだ。

「日本マット界の将来を背負う逸材と評されていたジャンボ鶴田の前に、おびただしい数のライバルが現れ始めたのである。その多くはエリート・コースを進んできたのではない。みんな雑草のようにはき捨てられ、そこからまったく独力で這い上がり、力を伸ばし、堅実にのし上がってきた者ばかりである」と、記事の中で挙げられているはロッキー羽田、藤波辰爾(現・辰爾)、戸口正徳(キム・ドク→タイガー戸口)の3人。

 大相撲・花籠部屋の力士だった羽田は73年1月、アントニオ猪木が去ったばかりの72年1月に日本プロレスでデビュー。その後、ジャイアント馬場、坂口征二が相次いで去り、キャリア1年3ヵ月で日プロが崩壊して、他の先輩たちとともに全日本に吸収されるという不遇な新人時代を味わっている。

77年6月にアメリカ修行から凱旋して人気者になったロッキー羽田

 日プロの残党を吸収したことで全日本は選手が急増した。新人で、しかも外様の羽田は毎試合出場というわけにはいかなかったが、74年暮れのシリーズに参加したNWA世界ジュニア・ヘビー級王者ケン・マンテルに192㎝の長身を見込まれてスカウトされ、馬場の承認を得て翌75年1月にアメリカ武者修行に出るチャンスを掴んだ。

 鶴田が将来のエースとしてテキサス州アマリロのザ・ファンクスに預けられたのとは違い、羽田はマンテルが主戦場にしていたオクラホマ、ルイジアナ、ミシシッピのNWAトライステーツ地区でアメリカ生活をスタートさせた後は、自らプロモーターと交渉してフロリダ、セントラルステーツ地区といったNWAの主要テリトリーを転戦して、米マット界を独力で生き抜いた。

 76年9月11日に「NWA世界ヘビー級王座への登竜門」と呼ばれていたボブ・バックランドが保持するミズーリ州ヘビー級王者に挑戦、同年12月6日にはブルドッグ・ボブ・ブラウンとのコンビでハーリー・レイス&パット・オコーナーからセントラルステーツ地区認定NWA世界タッグ王座を奪取するまでに成長し、77年5月の『NWAチャンピオン・シリーズ』に2年5ヵ月ぶりに凱旋帰国。

 同シリーズでは前年10月に大相撲元前頭筆頭の肩書きを引っ提げて全日本に入団、鶴田と同じようにアマリロで8ヵ月の修行をした天龍源一郎が日本デビューを果たしたが、羽田のスケールの大きなアメリカン・プロレスは「天龍よりもいい!」と評判になった。

 アメリカで才覚を発揮した羽田は「和製アメリカン・ドリーム」と呼ばれるようになり、どん底から這い上がったイメージから映画『ロッキー』の主人公ロッキー・バルボアにちなんで本名の羽田光男からロッキー羽田に改名。エリート・コースを歩んできた鶴田よりも雑草の羽田にシンパシーを感じ、逞しさ、頼もしさを感じるファンも少なくなかった。

エリートvs雑草の図式は馬場vs猪木から鶴田vs藤波へ

 そして新日本の藤波である。この鶴田の記事が出たのは藤波がWWWFジュニア・ヘビー級王者として凱旋帰国した直後。ドラゴン・ブームの真っ只中で、藤波の叩き上げのサクセス・ストーリーもまたファンの心を掴んだ。

 アントニオ猪木のファンだった藤波は格闘技の経験がないままに16歳で日本プロレスに押しかけ入門。猪木の付き人になったものの、入門規定に満たない体格だったためにデビューまで11ヵ月もかかり、デビュー半年後には日プロを追放された師匠・猪木を追って新日本の旗揚げに参加した。

 エリートとして入団した長州に遅れること10ヵ月、75年6月にキャリア4年にしてようやく海外武者修行のチャンスを掴んでドイツ、その後はカール・ゴッチの家に半年間住み込んで特訓を受け、ノースカロライナ、メキシコなどを転戦。そして78年1月23日、ニューヨークMSGでカルロス・ホセ・エストラーダを撃破してWWWFジュニア王者になった。

 24歳の無名の日本人レスラーが世界の檜舞台でチャンピオンになるという快挙に日本のプロレスファンは熱狂しものだ。

Part1=78年1月23日、無名の存在だった藤波がニューヨークでWWWFジュニア王者に

 実は猪木もブラジルで力道山にスカウトされて日本に帰国したエリートだったのだが、当時は「野球の名門ジャイアンツの投手からプロレスラーになり、エリートとして教育された馬場、力道山の付き人からスタートした雑草の猪木」というのが馬場と猪木のライバル・ストーリーとして語られることが多かった。

 ファンはこのストーリーをエリート=鶴田、雑草=藤波に当てはめて、鶴田と藤波を新たな時代のライバルと見るようになった。

「最初はそんなに意識していなかったんだけど、馬場さんの下に鶴田、猪木さんの下に藤波っていう形でともにナンバー2っていう立場、世代的にも同じってことで、周りが“馬場と猪木”と同じような感じで見ていたよね。だから多少は“ジャンボとやってみたいですね!”って言ったかもしれないけど、内心ではそんなに思っていなかった」と、藤波は当時を振り返る。

 一方、当時の鶴田は藤波について「ウチの佐藤昭雄選手と同期ということもあって、藤波選手の名前は、ニューヨークでチャンピオンになる以前から知っていました。ライバルとして意識? まったくないですね」と語っていた。

 そんな2人が意識するようになるのは79年8月26日、日本武道館における『プロレス夢のオールスター戦』でミル・マスカラスを加えてトリオを組み、戸口&高千穂明久(ザ・グレート・カブキ)&マサ斎藤に勝利した以降だろう。

「戸口さんや高千穂さんと戦っている時のジャンボの間と反応を見て、ちょっとはやってみてもいいかなと思ったね。ジャンボと組み合っている選手と自分を置き代えて見ると“これはやったら面白い試合ができるかな“って。全日本でジャンボとやったことがある長州は“ジャンボとやるのは大変だった。今までのレスラーの中で一番辛かった”って。“上から乗っかられるように組んでくるから、組むことすら辛かった”って言ってたけどね。詳しくは聞いてないけど、俺が思うには、長州は間が怖いもんね。間を置けないもんね。ジャンボは間を置いても魅せられるタイプだからね。長州がやりにくかったのは、そこのところなのかなとも思うんだけど」(藤波)

 なお、冒頭に触れた月刊ゴングの記事には「音楽コンサートに熱を入れたり、芸能方面に目を向けたりするのは余技。世界に飛躍する、今のジャンボ鶴田にはまだふさわしくない」という記述もあるが、厳しい指摘は当時のファンが鶴田に感じていた歯痒さ、物足りなさを代弁するもの。

 実はレールから外れることなくエリート・コースを歩むのも大変なことなのだが、それよりも苦労を重ねて這い上がってきた人間の方が感情移入しやすい。

 それまでは鶴田の従来のスポーツ選手とは違って泥臭さを感じさせない爽やかさ、オフにはギターを爪弾いて青春を謳歌するライフスタイルがカッコいいとされたが、この頃からプロレスファンの気質が変わってきたのかもしれない。

 そしてアンチ鶴田を生んだ極めつきの存在が戸口正徳……キム・ドクである。

連載一覧