結婚生活の中で積もり積もった不満や違和感。もう離婚しかないと思うほどの不仲やトラブル。

 さまざまな夫婦の在り方があるからこそ、ふたりの間だけで解決できない悩みや問題を抱える人も少なくないでしょう。

 夫婦カウンセラーとしてこれまで2000組以上の夫婦をサポートし、著書『夫は、妻は、わかってない。夫婦リカバリーの作法』でも注目を集める安東秀海先生が、読者の皆様から寄せられた夫婦関係のお悩みにお答えします。

 今回は、これまで育児を妻に任せきりにしていたことで、夫婦関係が破綻してしまったというご相談。行動を改めようとしても上手くいっていないようで……関係修復への道はあるのでしょうか?

ナオキさん(仮名)からのご相談

 結婚して1歳の娘がいる父親ですが、夫婦関係が破綻しており関係修復に向けてご相談させて頂きたいです。

 

 不仲の原因は、妻と付き合ってから約7年間私が妻とのコミュニケーションを大切にしてこなかったこと、育児を一切妻に任せてしまい、子育てを一生懸命に取り組まなかったことです。

 それを突き詰めていくと、私自身におそらくアスペルガー症候群という発達障害があり、他者を思いやることができず、精神年齢が幼いためだと思っています。

 また、私の母親と妻の関係も悪く、それも原因の一つであると思っています。

 

 自分自身が未熟でなんとか日々の行動を改善しようと、お皿洗いやお風呂洗いなど、できる家事からやってみたりしているのですが、少し家事の中で自分の不器用な所が出たり、良かれと思ってやったことが妻の逆鱗に触れ、夫婦関係は既に破綻してしまっていて、3月までに別居しなければならない状況です。

 私としては今までの行動を全て改めて頑張りたいと思うのですが、関係修復に向けてどうすればよいのか分かりません。是非アドバイス頂けると幸いです。

(夫・ナオキ、妻・ヨウコ)

妻が「別居」を望んだ背景は? パートナーとしての「あり方」を考えてみる

 妻のヨウコさんとの関係が破綻している、というナオキさん。

 3月までに別居しなければならない状況、というのはヨウコさんから離れて暮らすことを求められている、ということなのでしょうか?

 そうだとすれば、小さいお子さんがいらっしゃる中でもあり、日々大きな不安を抱えていらっしゃるのではないでしょうか。

(写真:yamasan / iStock / Getty Images Plus)

 なんとか打開策を見出すお手伝いができればと思うのですが、いただいたご相談状況からは、ヨウコさんの強い覚悟も感じ取れて、なぜ今「別居」なんだろう?と気掛かりが残ります。

 「育児を一切妻に任せてしまい」とあるように、そもそもワンオペに近い状況で、たとえ別居になっても毎日のオペレーションに大きな違いはない、ということなのでしょうか?

 とはいえ、お子さんの成長を日々共有できない「別居」を選択されるには、相当な葛藤があったはずです。

 それでも、あえて「別居」を望まれるのは、それ以上のストレスが、今の夫婦関係にはあるということなのだと思うのです。

 何がそこまでヨウコさんを追い詰めてしまったのか? 今ここに至るまでにどんな歩みがあったのか?

 この状況を打開するには、まずそこにあるヨウコさんの痛みを理解することから始める必要があります。

出産・育児で変わる妻と変わらない夫

 妊娠、出産、育児の始まりと、約7年の結婚生活の中でもこの2年はヨウコさんにとって激動の時期だったのではないでしょうか。

 食べるものに気をつけたり、生活習慣を改めたり、赤ちゃんを迎える準備は私たち夫側が考えるよりもずっと前から始まっていたはずです。

 働き方を見直して、諦めたキャリアもあったのかもしれません。

 出産後には、当たり前のように子ども中心の毎日がやってきて、自分のことは後回しにもなったでしょう。

(写真:yamasan / iStock / Getty Images Plus)

 もちろんナオキさんにも変化はあったはずです。

 それでも、ナオキさん自身、育児に一生懸命でなかったと感じられる程であったなら、

「私ばかり負担が増えて、あなたは何も変わらない」

 そんな憤りをヨウコさんが抱いていたとしても頷けてしまいます。

 こんな風に掘り下げてみると、やはり家事育児に一生懸命でなかったことがこの状況を作ってしまったのか?と感じられるかもしれませんが、本質的な問題はワンオペであることではなくて、そうなってしまったナオキさんの「あり方」にあるのかもしれません。

別居を選ばざるを得ない理由

 出産を機に夫婦関係に行き違いが生まれるカップルは少なくありません。

 その背景には「当たり前に母親になる(ならざるを得ない)妻」と、「父親になる準備がまだ整っていない夫」との間の意識や覚悟の違いがあるように思っています。

 男性の育休取得が広がっても、まだまだ育児の主体者が女性であることも子どもを持つ覚悟の違いを作っているのでしょう。

 覚悟の違いは日々の育児や家事にこそ現れます。

 ナオキさんもこの一年余り、家事や育児についてヨウコさんからダメ出しをされることが多かったのではないでしょうか?

 例えばそれは、ミルクのあげ方やおむつ替え、食器の洗い方に掃除の仕方といった、ひとつひとつの具体的な「やり方」に対する指摘だったりします。

 でも、もしかするとその指摘の背景には、育児や家庭運営におけるパートナーとしての「あり方」への不信感が潜んでいたのかもしれないと思うのです。

 家事や育児に積極的に取り組んでいるのに怒られることばかりで、まったく評価してもらえない。

 そんな不満を感じている男性は少なくないのではと思います。

 いっぽう、言われないとやらない、すぐに動かない。そんな夫の動きにイライラしている女性もまた、少なくないのではないでしょうか。

「いちいち細かすぎる」

「言っていることがコロコロ変わる」

 そんな風に男性陣が混乱してしまう背景には、妻からのリクエストを単なる家事・育児のタスクと捉えている夫と、家庭運営の共同プロジェクトと考える妻との違いがあるのではないかと思うのです。

(写真:Hakase_ / iStock / Getty Images Plus)

 こうして共同プロジェクトとしての育児が始まります。

 対比するなら、能動的な「あり方」が期待される共同プロジェクトと、振られたToDoをこなしていくタスクの違い、とでも言えるでしょうか。

 求めるものにそもそもの違いがあるから行き違いが生まれるのも無理はないのですが、そんな行き違いが何層も重なるうちに、

「言われた事をやってるのに何で毎回文句を言われるんだ」

「言われたことしかやらずにどうしていつも他人事なの?」

と、お互いに不満を溜め込んでしまう事態にもなりかねません。

 ナオキさんとヨウコさんの間にも、そんな行き違いがあったのではないでしょうか。

 繰り返しになりますが、ヨウコさんが指摘する問題意識の背景には、パートナーとしての「あり方」への不信感が潜んでいたのかもしれません。

 だとすれば、ヨウコさんが別居を考えるに至った背景には、共に家庭を共同運営することを諦めざるを得なかった哀しみがあるのではないかと思うのです。

「あり方」から信頼を再構築する

 ここまでヨウコさんが別居を選択するに至った背景について考察を重ねてきました。

 限られた情報のなかでの見立てとなりますから、確定的なことではないのですが、それでも今ここから夫婦関係を修復していくためには、改めて家庭を共同運営するパートナーとしての信頼を再構築していく必要があります

 そのためには、具体的な「やり方」だけでなく、「あり方」を見直すことが欠かせません。

 「あり方」と聞いてピンとこなければ、「どんな◯◯でありたいか」と言葉を足して考えてみると分かりやすいかもしれません。

「どんな親でありたいか」

「どんな夫婦でありたいか」

ということになりますが、どうでしょう?

 もちろん、夫婦の関係も家庭運営も、ナオキさんひとりではなく、ヨウコさんとの共同プロジェクトですから、ナオキさん自身がどうありたいか?を掘り下げると共に、ヨウコさんはどうありたいのか?を理解する必要があります。

 こうして「あり方」の理解とすり合わせができてくると、「やり方」に多少の行き違いがあっても、まぁ大丈夫か、と信頼して見つめることができたりもするものです。

(写真:itakayuki / iStock / Getty Images Plus)

 余談になりますが、昨年、回転寿司チェーンでの迷惑行為が大きな社会問題になりました。

 動画がSNSで広く拡散されたことももちろんですが、多くの人が反応したのは、それがサービスを提供する側と受ける側との間にある暗黙の信頼を根底から揺るがす出来事だったからでしょう。

 この信頼を作っているのが「あり方」なのだと思うのです。

 夫婦の間には日々移り変わる日常があって、そのひとつひとつにやり方の違い、考え方の違いが潜んでいます。

 だからこそお互いの「あり方」をすり合わせておくことが大切なのだと思うのです。

求められていることに目を向ける

 ヨウコさんが別居を考えるに至った背景、関係を改善するためのヒントについて考えてきましたが、もうひとつ大切なことがあります。

 それは、今現在のヨウコさんが何を求めているか?という視点を持つことです。

 出産直後、きっとヨウコさんが期待していのは、初めての育児を前にした不安や負担を共に担ってくれることだったのではないでしょうか。

 共同プロジェクトの始まりです。

 そこから赤ちゃんとの毎日が進んでいくと、求めるものは精神的な繋がりから、積み重なっていくオペレーションを分担してくれることに変わったのかもしれません。

 ここでは具体的なお願いごとやタスクも増えて、ナオキさんにとっては十分サポートできなかった、と反省が募るのもこの時期なのかもしれません。

 育児期に限ったことではありませんが、夫婦の間にはそれぞれの時期、それぞれのタイミング、それぞれの事情に応じて必要なサポート、求められる「あり方」があるのだと思うのです。

 当然ですが、必要な時に必要なものが手に入らないのは残念なことで、そんな状態が繰り返し続くと人は、求めることそのものをやめてしまいます。

 ヨウコさんにとっては、共感や育児のサポートが欲しかった時期ももう過ぎて、今はもうそんなことを期待もしていないのかも知れません。

 では今、ヨウコさんが求めているものは何か?

 もしかするとそれは、関係を修復することではなく、「離れることを受け入れてくれること」なのかもしれません。

(写真:mapo / iStock / Getty Images Plus)

離れた心を手繰り寄せる

 一度離れる方向に向いた心を手繰り寄せるのは簡単なことではありません。

 ナオキさんが関係修復のために努力をする程、ヨウコさんから見れば「離れたい」気持ちを否定されているように感じて、より頑なに「別居」へと心が固まって行く恐れがあります。

 人は誰でも、自分が望む道を進みたいのであって、それを妨げるものには全力で抵抗したくなるものです。

 難しい選択になることは承知していますが、今ナオキさんが考えるべきは、ヨウコさんの心をこれ以上、遠ざけないことです。

 そのためには、まずはヨウコさんの考えを尊重してあげることが大切で、たとえそれがナオキさんの望むものではなかったとしても(むしろそうであるほど)結果としてヨウコさんの心を手繰り寄せることに繋がるかもしれません。

夫婦関係を改善するために

 厳しいことをお伝えしていますが、これはもはやヨウコさんとの関係を修復する方法がない、ということではないのです。

 ただ、今の状況というのはナオキさんが見えている以上に複雑で、いくつかの問題が重なっているように思います。

 夫婦関係を改善するには「コミュニケーション」や家事・育児の「やり方」を見直すことはもちろん必要でしょう。

 でもその前に夫婦としての「あり方」についてすり合わせて信頼の土台を再構築することは欠かせません。

 けれど大前提として、離れようとするヨウコさんの気持ちを手繰り寄せるには、その受け入れ難いことにさえ、寄り添おうとする「姿勢」が求められるのではないでしょうか。

【次回は2月19日(月)更新予定】

【前回記事】「俺、何かした?」「許さないお前が悪い」浮気や暴言を開き直る夫と離婚したい

夫婦関係の悩みや疑問を募集中!

夫婦関係の改善をサポートするQ&A企画夫婦リカバリー相談室では、皆さまから寄せられた悩みや疑問に、夫婦関係専門カウンセラー・安東秀海先生がお答えします。

相談はこちらから

夫婦カウンセラー・安東秀海によるQ&A連載
『夫は、妻は、わかってない。』安東秀海・著。本連載からスタートした「カウンセリング」事例からみるあたらしい夫婦の在り方。7月21日発売。