DUEL

出版社:日本ビジネスプレス

定価:1650円

発売日:2022.11.5

この本を購入する
遠藤航
遠藤航VfBシュトゥットガルト
Instagram
twitter

DUEL

世界に勝つために「最適解」を探し続けろ

ベンチから眺めたW杯から4年でブンデスNO.1に上り詰めた男の思考

 4年前のワールドカップで「1分」も試合に出ることができずロシアを去った男は、たった4年間で日本代表に欠かせない、そしてドイツでNO.1の男へと大成長を遂げた。

 果たしてそこにあった秘密とは?

「日本人が屈強なヨーロッパ人に対してフィジカルで勝つことはできない」
「ドイツ語もしゃべれない日本人がキャプテンを務められるのか?」
「海外への移籍は若いうちにしたほうがいい」……

 常識と言われるものを次々と覆した著者・遠藤航がはじめて明かすトレーニング、思考法、緊張しない術そして日本サッカー進化のヒント。

 ホテルで交わした南野拓実との会話。
 長友佑都が示した2つの「戦う姿勢」。
 本田圭佑がロシアワールドカップ前に放った一言。
 岡崎慎司は言った「日本人は〇〇を欲する」
 マウスピースは「踏ん張る」ためにしない。
 4児の父親として夫として、日々思うこと。etc.

日本サッカー史上NO,1ボランチへ、その秘密すべてを綴る。

「はじめに」を公開中👇

 僕には子どもが4人いる。
 一番下の子はいま3歳なので、僕にとっては4回目の「3歳児の子育て」中だ。はじめて「父親」になったのが20歳のときだから、「父親歴」はまあまああるほうだ。
 加えて、仕事であるサッカー選手は、平日に練習があるけど、午前で終わることも多く、子育て時間は一日の半分近くあって、さらにいえば、歳の離れた妹がいる僕は、小さいころからおむつ替えをやっていたし、なんとなく「子どもの面倒を見る」ことに慣れていた。
 若くして父親になったとき、「自分ならできる」という妙な自信を持っていたくらい。
 だけど……いまでもふとしたときに思う。……子育ては難しい。
 例えば〝言われたことをすぐやらなかったりする〟とつい怒ってしまう。あとで「ああ、もう少し優しく言えばよかったかな」と振り返って、……【続きを読む】

【月刊・遠藤航はこちら】

【サイン入りマウスピース】&【オリジナルTシャツが当たる】

『DUEL』を読んだ感想をお寄せください! 感想を頂いた方の中から抽選で50名さまに「遠藤航オリジナルTシャツ」を、1名に実際の「マウスピース(サイン入り)」を進呈します。

詳細はこちらから👇(18日19時詳細発表!)

 

【サイン入りポストカード特典】

【特典】有隣堂ららぽーと湘南平塚限定ポストカード。詳細は画像をクリックしてください(有隣堂のHPに飛びます)

はじめに
第一章 「正解はない」をスタートにする
 01 「正解はない」をスタートにする
 02 日本には「正解のない」強みがある
 03 正解ではなく最適解を探す
第二章 最適解の探し方~疑う。
 04 置かれた立場に納得しない
 05 「失敗」という評価は鵜呑みにしない
 06 イメージを疑う~戦術とは「戦う術」である
 07 「戦う姿勢」は日常×データに現れる
 08 日本代表に掛けていた「戦う姿勢」とは何か
 09 「ベース+選択肢」で考える
 10 「前へ」の戦術が整理されていない
 11 ファーストチョイスは「人を生かす」
第三章 最適解を探す~不可能をなくす。
 12 いままでにないデータにフォーカスする
 13 「デュエル」で勝つためのトレーニング
 14 疲れない体を手に入れる方法
 15 不可能を超えるのは挑戦した人だけ
 16 「デュエル」勝利の必須条件
第四章 最適解を見つける
 17 明確な目標を持つ
 18 逆算から小さなステップを踏む
 19 挫折は存在しない
 20 ブレないことと向き合う
 21 負けているときこそ姿勢が出る
 22 同じ失敗を繰り返さない
 23 「前もって受け入れる準備」をする
 24 「最適解」を探す装置を作る
 25 心の拠り所を別に作る
第五章 日本サッカー進化論
 26 「世界と差がある」から距離を縮められる
 27 「戦術」を欲しがらない
 28 「いったん、落ち着かせよう」
 29 「戦術」の幅を作る
 30 アクションのあとのアクション
おわりに

 

この本を購入する ※書店によって在庫のない場合、お取り扱いのない場合があります。
あらかじめご了承ください。