Photo=Mananya Kaewthawee

文=小嶋多恵子 写真=小嶋淑子

 妊娠や出産、子育てなど、さまざまなライフステージと共に揺らぐ、働くことへの価値観――。社会の変化も大きく、既存のロールモデルが通用しない時代に、自分らしい働き方とは何か? 悩みながらも起業、独立、複業(複数の仕事を持つこと)などを選択することで、より理想にフィットした働き方を手に入れようとした女性たちの等身大なストーリーを追う。

 そもそも、現在の女性を取り巻く「働く環境」はどうなっているのだろうか。連載スタートにあたり、女性のキャリアコンサルティングをおこなう〈Waris〉代表取締役・田中美和さんと女性起業家を支援する〈女性社長.net〉代表・横田響子さんにお話をうかがった。副業、フリーランス、起業、かつてないほどに目まぐるしく変わる世の中と呼応するように加速する働き方の多様化。そんな働く女性のリアルとは?

田中美和 株式会社Waris代表取締役/共同創業者 1978生まれ。国家資格キャリアコンサルタント。2001年日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社、働く女性向け情報誌「日経ウーマン」で編集記者として勤務した後、女性が自分らしく前向きに働き続けるサポートをおこなうべく2012年退社。2013年株式会社Warisを設立。2017年フリーランスとして働きたい人のための環境整備や政策提言をおこなう一般社団法人「プロフェッショナル&パラレルキャリア フリーランス協会」の立ち上げに参加。
 

変わるスタンダード「条件軸」より「自分軸」へ

――働く女性の悩みや考え方は、ここ数年で変化はありますか?

田中:〈Waris〉に女性を対象としたオンラインのキャリアカウンセリングサービスがありますが、利用される方が近年非常に増えています。特にコロナ禍になってからはより顕著で、カウンセリングの予約件数は前年の同時期に比べて約4倍になるほどです。

 その背景にあるのはコロナ禍で一変した働き方。リモートワークが広まり、自分と向き合う時間が増えたことで、働くことへの価値観を見直す機会ができたことが理由として大きい。ご相談の内容もこれまでの年収やポジションといった働き方に対する“条件軸”というよりは、自分と向き合った上で自分に合ったキャリアを模索する“自分軸”の働き方へとシフトしていく方が増えているのが特徴です。

 自分軸というのは、“そもそも自分が何をしたいのか”“今までの私でいいのかな?”といった本質的な自分自身への問いかけから考えることです。通勤時間がなくなり時間的余裕が生まれた。図らずも自由な働き方を疑似体験した結果、“もっとこういう働き方ができるのでは”といったような自分にとって理想とする働き方を見つめ直すきっかけになったんです。

 2011年に起こった東日本大震災の時もそうでしたが、大きな出来事に直面した時、人生を振り返る人はとても多い。“何のために生きている?”“私は何がしたいんだっけ?”と。私もその一人で、東日本大震災をきっかけにやりたいことを見つめ直し、将来的に後悔しないために会社員で働くことをやめ、独立を決意しました。なので、自身の根源的な欲求と向き合う葛藤や悩みにはとても共感できます。

――コロナ禍がもたらしたリモートワークという副産物。女性にとって働き方の価値観も大きく揺らいでいると。

田中:リモートワークと副業との関心度は強く結びついていて、リモートワークによって時間的な自由度が生まれた分、本業がありながら副業にチャレンジする方がものすごく増えています。さらにその先のフリーランスや独立といった形に視野を広げる方もいる。今の会社のままでずっと働くという以外に、会社にいながら副業をしたり、自分と向き合った結果転職する方もいたり、働き方の多様化は今やスタンダードになりつつあります。

――働き方を考える上で「自分軸」を見つけるためにはどうしたらいいのでしょうか?

田中:まずおすすめしているのが、書き出してみること。“私はこの人生で一体何をやりたいんだっけ?”“ 3年後、5年度、どうありたいのか”などを書いて掘り下げていく。自分だけで整理できない時は、キャリアカウンセリングやコーチングを頼ってみるのも方法です。今はオンラインで受けられるサービスも増え、女性専用のものもあります。

 よくキャリアの世界では“Will・Can・Must”といいますが、“Will”はやりたいこと、“Can”はできること、“Must”はやらなきゃいけないこと。Willが見つかれば自分軸ははっきりします。ただ、どうしてもWillが見つからない方も多くいます。そんな時は、しばらくCanとMustに注力することをおすすめしています。一旦目の前の仕事を頑張ってみる。会社でそれをこなしているうちに、“あ、私こういうことがやりたかったのかも!”という気づきにつながることも多いです。

 
 

フリーランス、副業への道は会社員時代から始まっている

――自分軸を見つめ直した結果、副業やフリーランスを考えた時、必要なスキルとは?

田中:キャリアカウンセリングでは選択肢が多様になってきていることをお伝えした上で、まずは自分のキャリアを見直していくことからアドバイスしています。自分の武器となるスキルを洗い出すことですよね。〈Waris〉では主にビジネス系の副業、フリーランスと企業をおつなぎするジョブマッチングをメイン事業としていますが、職種としては人事、広報、営業、経理財務とこれまで会社員で培ってきたスキルをそのまま生かせるものが中心です。ただどんな職種においても求められるスキルは共通していると感じています。

それは主に4つ、

①専門性スキル 
②セルフマネージメントスキル 
③やり遂げる力 
④コミュニケーション能力

①専門性スキル
 まずは自分にはこれができます、という専門的な技能。これは何もカメラマンやデザイナーのようなクリエイティブ職に限りません。人事や経理、営業などのスキルでもいいので、自分の強みを持つこと。

②セルフマネージメントスキル 
 例えばタイムマネージメント。フリーランスで働くなら、自分の自由に使える24時間をどう使い切るかを自分で采配します。特に副業では、本業とのバランスを考えないといけない。クライアントに対して、「本業があったから遅れました」なんて許されないことですから、本業がある中できちんとタイムマネージメントをして成果を出すことが必要です。

③やり遂げる力
 副業やフリーランスでは上司や先輩がいない働き方が会社員との大きな違いです。会社員だと上司が指示出しをしたり、先輩がアドバイスをくれたりしますが、副業やフリーランスではひとりでクライアントの要望に応じてアウトプットしなければならない。すべて成果でコミットする働き方になります。クライアントからすれば、対会社なのか副業なのかフリーランスなのかは関係なく、お金をお支払いした以上それなりのアウトプットを期待されているわけです。専門性のスキルを持った上で、自分で自分を律してやり遂げる力が大切です。

④コミュニケーション能力
 副業やフリーランスというと、ともすると一匹狼的なイメージを持たれる方もいますが、コミュニケーション力という点においては会社員と同じか、それ以上に積極的に人と関わっていくことが必要です。クライアントの要望は何か、どういう期待値を持っていらっしゃるのか、それらをきちんとヒアリングし理解することもそうですし、業務の成果物をアウトプットするプロセスにおいて密にコミュニケーションを取らないといけない。その細やかなコミュニケーション力の積み重ねが信頼関係につながっていきます。

 これらのスキルは、副業やフリーランスでいきなり身につけるものではなく会社員時代から培えるもの。将来的に副業やフリーランスを視野に入れるなら普段から納期や期日を管理するなどタイムマネージメントを意識した仕事をされてみることをおすすめします。

――副業やフリーランスで仕事を得たり、またそれを継続させたりするために心がけることは何でしょう?

田中:副業やフリーランスで大事なのはその人個人への信頼資本、クレジットです。会社に勤めている時はその会社の看板が信用の証になりますが、副業やフリーランスでは自分自身が信用になります。信頼関係で成り立っていく働き方になりますから、どれだけ相手に自分を信じてもらえるかを考えなければいけません。

 その信頼を築くためにも上記4つのスキルが重要です。専門分野において、しっかりとクライアントの期待値を理解し、仕事を管理してやり遂げる。今後副業やフリーランスという働き方をしてみたいなと思うならば、ぜひ意識してみてください。