折茂武彦

『99%が後悔でも。』 折茂武彦

写真を拡大

99%が後悔でも。

49歳までトッププレイヤー。そのうち後半の10年近くはチームの社長を兼任した。長く「二つの世界」でトップを走り続けた折茂武彦。チームの立ち上げ、2億4000万円の借金、債務超過……。そこから脱出した方法とは。初の著書『99%が後悔でも。』の一部コンテンツと、社長専任1年目を終えたインタビューなどを配信予定。

記事コンテンツ

本の紹介

99%が後悔でも。
99%が後悔でも。
出版社:JBpressBOOKS
本の詳細はこちら

決して大企業ではない。プロスポーツとしても成長期。
人生を振り返ってみても、圧倒的な成績を残しながらその注目度はプロ野球やJリーグに比べて高くなかった。
そんな中で、いまもっとも注目を集めるチームがプロバスケットボールリーグ・レバンガ北海道だ。

この本を購入する ※書店によって在庫のない場合、お取り扱いのない場合があります。あらかじめご了承ください。

プロフィール

折茂武彦
折茂武彦レバンガ北海道代表取締役社長
twitter

(おりも・たけひこ)B.LEAGUE(B1)レバンガ北海道の代表取締役社長。1993年にトヨタ自動車(現アルバルク東京)でキャリアをスタートし、2007年にレラカムイ北海道へ移籍、その後経営難によりチーム消滅。2011年にレバンガ北海道を創設し、選手兼代表を務める。2019−20シーズンで選手を引退した。190センチ77キロ。