『おいしい経済』 楠本修二郎

日本の未来を拓く鍵は「食」にある。

パンデミックによる混乱。今後、確実に迎える人口減少、超高齢化。
縮小する社会において、それでも“クリエイティブで幸せに生きられる方法”があるとすればーーー「WIRED CAFE」で知られるカフェ・カンパニーの代表・
楠本修二郎氏が描く、新しい日本の未来戦略。インタビュー記事を配信します。

 

記事コンテンツ

本の紹介

おいしい経済
おいしい経済世界の転換期 2050年への新・⽇本型ビジョン
出版社:株式会社JBpress
本の詳細はこちら
この本を購入する ※書店によって在庫のない場合、お取り扱いのない場合があります。あらかじめご了承ください。

プロフィール

楠本修二郎
楠本修二郎カフェ・カンパニー株式会社代表取締役社長

楠本修二郎_1964年福岡県生まれ。リクルートコスモス、大前研一事務所を経て、2001年カフェ・カンパニーを設立。コミュニティの創造をテーマに「WIRED CAFE」をはじめ約80店舗の企画・運営や地域活性化事業、商業施設プロデュース等を手掛ける。2021年「日本の愛すべき食を未来につなぐ」ことを目的にグッドイートカンパニーを設立。その他、内閣府クールジャパン等の政府委員や東日本の食の復興を目的とした「東の食の会」代表理事等も歴任。